雑記

育児中おすすめの電子書籍リーダーはKindleとKobo?5つの理由!

電子書籍リーダーはkindleかkobo

こんにちは、クーパーひかるです。

今回は育児中におすすめな電子書籍リーダーについてです!

結論からいいますが、私のおすすめはAmazonのKindleと楽天のKoboです!

他にもたくさんの電子書籍リーダーが販売されています。

しかし、なぜおすすめはAmazonのKindleと楽天のKoboなのか、その5つの理由を解説します!

どの電子書籍リーダーを購入しようか悩んでいる育児パパさん・ママさん、ぜひ参考にしてみてください!

  • ネットショッピングはもっぱらAmazonか楽天の人
  • どの電子書籍リーダーがいいのかさっぱり分からない人
  • 防水機能つきの書籍リーダーが欲しい人
  • コストを安くおさえたい人

 

電子書籍リーダーとは読書専用の端末です

まずはじめに、電子書籍リーダーとは何かを簡単に説明します。

電子書籍リーダーとは、電子書籍を読むためだけに作られた専用端末のことです。

・本を読むことに特化している(余計な機能がない)
・ブルーライトがほぼゼロ
・目が疲れにくい工夫がされている

などの特徴があります。

しかし、スマホやタブレットとは違い白黒表示のみです。

そのため、

カラーのマンガや雑誌を読む場合(カラー表示がいい)→スマホやタブレット

小説や文章を読む場合(白黒でOK)→電子書籍リーダー

と使い分けると便利です。

ちなみに、

Kindle書籍リーダーはAmazonで売られている電子書籍だけ読めます!

Kobo書籍リーダーは楽天で売られている電子書籍だけ読めます!

ご注意ください!

 

電子書籍リーダーがおすすめな3つの理由

電子書籍リーダーはkindleかkobo

スマホやタブレットでも電子書籍は読めます。ではなぜあえて電子書籍リーダーを使うのか?

理由はこちらです!

  • 目に優しい
  • メールや通知などに邪魔されない
  • 充電が長持ち

書籍リーダーは、スマホやタブレットのようなバックライトではなく、ディスプレイだけを照らすフロントライトを使っています。

そのため目に直接光が当たらず、長時間の読書でも疲れにいくです。

ブルーライトがほぼでないため暗い部屋でも快適に本が読めます!

スマホで本を読んでいる時にメールなどの通知がくると、一瞬で気が散りませんか?

電子書籍リーダーはメールを受信したりする機能はないため、本を読むことだけに集中できます

バッテリーは本当にすっごい持ちます

私の体験だと、1日1時間くらい使っても1週間以上は使えた記憶があります!

端末の設定と使い方にもよりますが、これはスマホではありえませんよね!

このような理由から、電子書籍リーダーは本を読むのに快適な端末なんです!

 

Amazonと楽天の電子書籍リーダーがおすすめな5つの理由

電子書籍リーダーはkindleかkobo

ではこの記事の本題、育児パパママさんにはAmazonのKindleと楽天のKoboがおすすめな5つの理由をみていきましょう!

  • 育児中はAmazonと楽天でよく買い物をする
  • 運営会社が大手で安心
  • 防水機能つきの書籍リーダーがある
  • 書籍リーダーの価格が比較的安い
  • ネット検索するとたくさんの情報が出てくる

私の独断と偏見も入り混じっていますが、解説していきます!

育児中はAmazonと楽天でよく買い物をする

現在育児中の方の多くは、Amazonか楽天のアカウントを持っていませんか

そこでよく買い物しませんか?

私は子供が生まれてから、Amazonと楽天は以前にも増して本当によく使うようになりました!

オムツやおしりふきなどは、Amazonでまとめ買いましたねー!

楽天では子供服や自分の服、父の日、母の日のプレゼントなどもよく買います!

ということは…

日頃からよく使っているAmazonや楽天の書籍リーダーを使うと、普段のネットショッピングついでに電子書籍もポチっと手軽に買えちゃうんです!

改めて他の電子書籍ストアにログインして買う手間はありません!

さらに電子書籍の購入でもポイントはもらえますし、楽天ならクーポンも使えますよ!

運営会社が大手で安心

他の書籍リーダーで他の電子書籍ストアを使うには、そのサイトでアカウントを作らなければいけません。

そこで個人情報やクレジットカード情報を新たに登録することになります。

それって手間だし、よく知らないサイトでは不安ですよね?

その点、Amazonと楽天なら、既にアカウントはあるし大手なので安心感が違います

防水機能つきの書籍リーダーがある

育児パパママさんにうれしい防水機能がついた電子書籍リーダーは、今のところAmazonのKindleと楽天のKoboだけなのです!

あまり考えたくはありませんが、子供が水をかけても安心です。笑

これだけでも、育児パパママさんがAmazonか楽天の書籍リーダーを選ぶ十分な理由になりますよね!

キッチンで本を読む時も、防水機能つきなら安心です!

そして子供が大きくなって手が離れれば、お風呂でゆっくり読書をするチャンスもあるかもしれません!

そこでも活躍するのはやっぱり防水機能つきの書籍リーダーです!

書籍リーダーの価格が比較的安い

価格の面でも、AmazonのKindleと楽天のKoboは優秀です!

子供がいると、とにかくお金がかかります!出費はできる限りおさえたい!

AmazonのKindleは

・セールで2,000円~6,000円くらい値引きされます!

楽天のKoboは

・ポイントやクーポンなどを使えば、2,000円~4,000円くらい値引きされます!

Amazonと楽天以外の書籍リーダーは、正直私には高すぎます!

本を読むこと以外の機能も充実させたいなら、そちらを選んでもいいと思います。

しかし快適に本が読めればいいというのであれば、価格と機能のバランスがいいのはAmazonのKindleか楽天のKoboだと思います。

ネット検索するとたくさんの情報が出てくる

Amazonと楽天の書籍リーダは多くの人が使っています。

使い方に困った時など、ネットで検索すればいくらでも情報が出てきます

もしかしたら、あなたの周りですでに使っている人がいるかもしれません!

使っている人が多い分、色々な情報を簡単に得られるのはとてもありがたいですよね。

 

 

私はAmazonも楽天も、ネットショッピングではどちらもよく利用します。

そしてAmazonのKindleを3年以上使っています。

AmazonのKindleを選んだ理由は、販売サイトの見やすさでした。

皆さんご存じの通り、Amazonサイトは派手さは一切ありませんが、無駄もなくシンプルで使いやすいです。

書籍リーダーを選ぶ際は、電子書籍販売ストアのサイトの使いやすさから選ぶのもいいかもしれません。

 

AmazonのKindleと楽天のKobo、書籍リーダー比較表

簡単ではありますが、AmazonのKindleと楽天のKoboの比較表です!

防水機能つきのものだけ4つ集めました!

コスパ最強はやはりAmazonのKindle Paperwhiteですね!

個人的に楽天のKoboは高すぎて買えない…泣

では、参考までにどうぞ!

Amazon楽天
ラインナップKindle
Paperwhite
Kindle
Oasis
Kobo
libra
Kobo
forma
価格13,980円(税込)~
29,980円(税込)~25,080円(税込)34,980円(税込)
ディスプレイ6インチ、E Ink7インチ、E Ink7インチ、E Ink8インチ、E Ink
解像度300ppi300ppi300ppi300ppi
サイズ(mm)167 x 116 x 8.18 159 x 141 x
3.4 – 8.4
159 x 144 x
5.0 – 7.8
177.7 x 160 x
4.2 – 8.5
重さ(g)Wi-Fi: 182 
Wi-Fi+4G: 191
188192197
内臓メモリ容量8GB / 32GB8GB / 32GB8GB32GB
数週間持続
バッテリー
防水機能
接続Wi-Fiまたは
Wi-Fi+無料4G
Wi-Fiまたは
Wi-Fi+無料4G
Wi-FiWi-Fi
取り扱い数700万冊以上300万冊以上
ストア特徴定額読み放題あり、実用書多い毎週固定割引あり、マンガ多い

 

育児中におすすめなAmazonと楽天の電子書籍リーダーまとめ

どの電子書籍リーダーも、決して安い買い物ではありません。

でも、スマホやタブレットを買うよりは安くすみますし、「本を読む」ことに関してはそれに特化した書籍リーダーがおすすめです!

その中でも、AmazonのKindleと楽天のKoboは

・価格も比較的安い
・書籍の販売サイトは、よく使ういつものショッピングサイト
・防水機能つき

これらの理由から、やはりこの2択ですよね!

特に子供と一緒にいる時間が長い育児パパママさんには、万が一の時にも安心な防水機能つきが絶対おすすめですよ!

この記事が少しでもあなたのお役に立てればうれしいです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA